いつまでも世界は..2017 京都の街を使ったライブサーキット!

ドクロズ

official web site
ドクロズ
1994年京都嵯峨芸術大学にて、先輩のソー(G)とオヤビン(Ba)の呼びかけにより、後輩のあさこ(Vo)とゆうこ(Dr)が他のバンドからスカウトされ、客に一切こびないロックバンド「山本アサコとドクロズ」を結成。
1995年ソーにかわりアサコと他のバンドを一緒に組んでいたクー加入、<ロックは女のためにある>をスローガンにガールズバンドとして「ザ・ドクロズ」と名前も新たに再結成。
ソーは作曲者として後ろに回る。以降、「村八分」や「ボ・ガンボス」から脈々と続く「狂都」音楽界の流れを、女性にしかない感性で鳴らせてみせた空気感を表現。
京都ライブハウス・シーンの中で、「京都の宝物」と言ってもらえるまでの女バンドとなる。
2000年11月4日、ドクロズの敬愛するボ・ガンボスのどんと追悼イベントを京大西部講堂で行う。
2008年・2010年みやこ音楽祭出演、2011年3月11日くるりとドクロズ15年越しのライブを磔磔で行う。この日、東日本大震災が起こる。
2013年10月5日福島くだらな庄助祭参加。
この間数回のメンバーチェンジを経る。卒業していったメンバーは、クー(G),シカイ(Dr),レオ(Dr),ファンファン(Trumpet/くるり在籍中),ミユキ(G),ヅマ(Dr/シゼンカイノオキテ在籍中)。現在はオヤビンとあさこを軸に、ムートン(G/fromドラヒップ)・レオ(Dr/ex.少年ナイフ)をヘルプで迎え、流動的に活動を続けている。「ザ・ドクロズ」の「ザ・」をいつも忘れられるので、「ドクロズ」にかえる。