いつまでも世界は..2018 京都の街を使ったライブサーキット!

開催宣言

「いつまでも世界は…第七回」

僕はこのイベントを「音楽イベント」ではなく、「祭り」だと普段から言っています。

お祭りに遊びにいく時皆さんはどんな理由で行きますか?

友達に会えるから、女の子男の子と出会いを求めて、美味しいご飯を食べに、夜店を楽しみに、そして、なんとなくあの雰囲気を楽しみたくて。

お祭りに遊びに行くという事には「そこにはこれがあるから行くんだ!!」という明確な目的がない事のほうが多いんですね。

友達や女の子に出会いに行くなら学校終わり仕事終わりに街にでかければいいし、美味しいご飯を出してくれるお店はたくさんあります。

でも何故かお祭りになるとみんな集まってくる。

 

「なんとなく楽しそう」。そういうものが一番楽しい。だから僕はこのイベントをお祭りにしたい。自由に会場を作りたい音楽家がいるなら是非やってほしいし、音楽以外の会場ももっと増やしたい、そんな混沌としたイベントにしていきたいです。

 

物事は多面体であると認識するべきだと思う。

それぞれがそれぞれの立場から見ても、色んな目的を見出して楽しめる、そんなものであってほしいと僕は思います。そうでないと意見の相違や肩書きの違い、果ては人種なんていう違いまで、それを乗り越えて皆で遊ぶことはできないです。

僕は音楽が心底好きです。なので、音楽という手段でこのイベントを始めましたし、これからも音楽を一番大事にしていきます。うちの運営陣も皆さんそうです。

僕らは繰り返し繰り返し、毎年毎年、素晴らしい音楽を皆さんにお届けします。今年も第一弾から素晴らしいアーティストさんを発表できて光栄です。

でもそれはこのイベントの一部分だと思ってほしい。

子供が遊べるスペースがあったり、美味しいご飯が食べれるお店があったり。街には他にもたくさん楽しいことがあります。

フリースペースでもいい、音楽をまだ好きじゃない友達や家族を連れてきてみてください。

きっと「なんか楽しいなー!!」と言ってもらえると思います。

「いつまでも世界は...」このあとに皆さんはどんな言葉を続けますか。

では、第7回始めます!!


2017年12月28日

「いつまでも世界は...」代表
ザ・シックスブリッツ 西島衛